セレブが愛する「ピットブル」のブリーダーの子犬販売なら専門犬舎|ノースブリーケンネルズ

北海道札幌市のピットブル専門犬舎。ピットブル子犬販売・飼育を通して、アメリカンピットブルテリア【APBT】とアメリカンブリーの魅力を追求中

TEL.080-3233-4635 川井

札幌市北区北33条西9丁目3-6

ノースブリーケンネルズのコンセプト

600740_588425597848272_1947306883_n

ブログ一覧

ピットブルがキアヌ・リーブスと共演!

ピットブルが殺し屋のキアヌ・リーヴスと共演。

映画 ジョン・ウィック:チャプター2をご紹介

『ジョン・ウィック』は、2014年に公開されたアメリカ映画。

引退した凄腕の殺し屋の復讐劇を描くアクション映画。キアヌ・リーブス主演兼・製作総指揮

1の時 愛犬ビーグルのデイジー



 

ビーグル犬が

巡り巡って

続編の2になると相棒ととなるのは我らがピットブル!

ジョン・ウィック2 ピットブル

イェー

まだ1も見てないので早速 レンタルして観たいと思います

マトリックスでも共演したローレンス・フィッシュバーンも出演します!!

2017年7月7日全国公開

 

ピットブルを愛すべき10の理由 by AOLニュース

実は、ピットブルは単一の犬種ではない。この名称は、実際にはアメリカン・ピット・ブル・テリアやアメリカン・ブリーといったいくつかの犬種の総称だ。時にいわれのない非難を受けることもあるこれらの犬種だが、ピットブルを愛すべき10の理由がこちらだ。

1.ピットブルはセラピードッグに適している

あるドッグトレーナーはピットブル専門に活動しており、その理由としてピットブルの素晴らしい性格と共感性の高さを挙げている。

 

2.ピットブルは家族として迎えるのにも適している

社交的で、思いやりのある犬種であり、子供ともよく遊ぶ。

 

3.あなたが思うほど恐ろしい犬ではない

最も噛み付くイメージがあるかもしれないが、実際に一番噛み付く力が強い犬はロットワイラーだ。

 

4.ピットブルは20世紀の間、戦争のプロパガンダのモデルとして用いられていた

愛国心を煽るような雰囲気のピットブルが第一次世界大戦や第二次世界大戦当時のポスターに登場する。

 

5.ピットブルは(米国人にとって)愛国的だ

第一次世界大戦で受勲した犬としては最多の数で、17の戦で任務に就いた。

 

6.ピットブルは犬の中でも名が知られた犬種だ

彼らは『ライフ』誌の表紙を3度飾っていて、これは他のどの犬種より多い。

 

7.彼らは太陽の下が好きだ

暖かな気候のところに住んでいる人には、ピットブルはぴったりの犬種だ。ピットブルは短毛なので、暖かい気候ですくすく育つ。

 

8.ピットブルはそれほどうるさくない

彼らはあまり吠えない。吠えたとしても、彼らはいつも退屈しているから(?)吠えるのだ。

 

9.ピットブルは温厚だ

アメリカ気質判定協会(ATTS)という団体が実施した犬の気質判定テストでは、ミニチュア・シュナウザーなど他の犬種よりもピットブルの合格率が高い。

 

10.彼らは単純にカワイイ

あのキュートな顔を愛せない人なんているのだろうか?

 

■参照リンク
http://getnews.jp/archives/1518155

 

毎月4日は、鹿肉の日ですが

犬のおもちゃ・犬のおやつ 鹿の角

毎月4日は鹿肉の日らしいです。

北海道に生息するエゾシカ 美味いんですよねこれが。

色々食害にもなっていて、大半が産廃として捨てられているのですが

改善が進んでいて流通ルートが確立されつつあり食べれるようになってきております。

人間が食べれない肉がドックフードとして

ピットブルやワンコにも大人気。

 

そんななかおすすめは鹿の角。

離さなくなる子もいます。無理に取ろうとするとかじられます

犬のおもちゃ・犬のおやつ 鹿の角

北海道産★エゾシカの角約25cm【送料無料】『エゾ角シカ』 犬のおやつ/犬のおもちゃ
ご購入はこちら ヤフーショッピング 
全国送料無料 2,000円(税込)
ichikawa929_deer-horn

長く噛んで楽しむことができます!およそ2~3か月ぐらいは遊べると思います。
2,000円の価値は「お、値段以上」です。
また、小型犬~中型犬用も販売しております

安さの理由は、

猟師さんなどの狩猟や農地に落ちていた「廃棄する角」を買い取り
ぶつ切りに小分けしただけですので、低価格を実現できております。

オスのエゾシカは毎年角が生え変わります。
農地に落とすと トラクターなどの故障が農家さんの悩み。

少しでも、エコロジーな感じで北海道の鹿環境にお役立て出来ればと思っております。

Top